DNAを引き継いでいくということ | 人事評価制度・人手不足・人的資本経営(日々是人財)
fc2ブログ

DNAを引き継いでいくということ - 人事評価制度・人手不足・人的資本経営(日々是人財)

人事評価制度・人手不足・人的資本経営(日々是人財) ホーム » 理念・ビジョン » DNAを引き継いでいくということ

DNAを引き継いでいくということ

本日はDNAがテーマです。

私の思うDNAとは、いわゆる血縁という意味ではなく

先駆者の「想い」や「志」を
後に続くものが引き継いでいくという意味で使っています。

昨日、ある方のご霊前にお伺いしました。

その方は、二十年以上前から
音楽療法(音楽で心と体を治癒する)を実践しながら広めてこられた方です。

「命のバトンタッチではないけれど
彼女たち(植物状態の患者さん)に何かちょっとでも反応がでて、
生きる力が出てきてくれれば、そういうものを伝えられればと思っているんです」
<信州りらく 2011 29p>

難病にかかっていることがわかってからも
病室でも、後につづく指導者に伝えるべく、ずっと書き物をしていたという先生。

そして、先生には一緒に活動してこられた素敵なお嬢さんがおられます。

母として、指導者として、女性としてとして偉大な先生。
「想い」や「志」=DNAはお嬢さんにしっかり引き継がれていると感じました。

お弟子さん方にも
生徒さんたちにも
先生と言葉を交わしたすべての人たちにDNAが引き継がれていると思います。

わたしも・・・。 


NPO法人長野音楽療法研究会
http://www11.ocn.ne.jp/~mtnagano/