平成23年版 働く女性の実情 | 人事評価制度・人手不足・人的資本経営(日々是人財)
fc2ブログ

平成23年版 働く女性の実情 - 人事評価制度・人手不足・人的資本経営(日々是人財)

人事評価制度・人手不足・人的資本経営(日々是人財) ホーム » 女性力活用 » 平成23年版 働く女性の実情

平成23年版 働く女性の実情

厚生労働省が「平成23年版 働く女性の実情」を公表しました。

「働く女性の実情」は、政府や研究機関等の各種統計調査を用いて、
働く女性の状況等を分析した報告書で、昭和28年(1953年)から毎年公表しています。

女性の就業継続に影響を与える要因については

①制度に加えて「利用しやすい雰囲気」が求められる
②仕事のやりがい・評価や、職場の両立支援のあり方が影響する

★育児休業制度の規定が整備されている事業所における
 育児休業取得者割合は85.2%と、整備されていない事業所の割合
 61.3%に比べ高い割合になっている。
 また、育児休業制度があり、制度を「利用しやすい」雰囲気があると、
 81.8%の女性が同じ仕事を継続している

★子どもを持つ前後で管理職昇進や専門性向上等に関する
 キャリア意識が変わった人に理由を尋ねると・・・。 
 
 仕事のやりがい・評価や職場の両立支援のあり方が影響していることが分かる。

 特に「昇進や専門性の向上に興味がなく仕事以外の生活を充実させたい」
 に変化した者(女性正社員)については、
 「残業など長時間働くことができないと評価を得られないから」(24.4%)、
 「仕事と育児との両立について、職場や上司の理解が得られないから」(23.1%)
 「育児中の社員は、やりがいや責任のある仕事ができないから」(22.5%)

★両立支援制度利用者のキャリア形成支援のため、
 「育児休業の取得前、休業中、復帰直前などに面談を行っている」
 「育児休業中に情報提供を行ったり、コミュニケーションを図っている」
  とする企業がある一方、半数の企業は特に行っていない。

◆個人的に気になったのは
「残業など長時間働くことができないと評価を得られないから」(24.4%)です。
 この回答については、女性の働き方だけではなく、
 全体の働き方や評価の基準にも着眼しなければ、
 根本的な解決には結びつかないかもしれません。

 http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r9852000002ea8h.html